新潟県 弥彦の奥湯・観音寺・大浴場・ペット泊まれる旅館「上州苑」

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2015年03月16日

JR弥彦線の車両が世代交代!

3月13日、「弥彦線の黄色い電車」が世代交代しました。


鉄道愛好家からは「Y編成」と呼ばれ長年親しまれてきた115系2両編成のワンマンカーは、1965~66年製と製造から約50年が経過し老朽化が進んだこともあり、E127系のステンレスカーにバトンタッチされました。

奇しくも今年の弥彦観光協会の春ポスターは黄色い旧車両の図柄となっており、まるで「Y編成」の引退を祝福しているようです。

  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 11:04Comments(0)観音寺温泉周辺

2015年03月06日

弥彦山の中腹より下で雪割草が続々と開花!

昨日までの大風がウソのように静かになり、今日はとても穏やかな一日でした。弥彦山の各ルートとも7合目位まで雪は殆どなくなりました。そして中腹より下では小さめではありますが雪割草が続々と咲き始めております。まだしばらく朝晩は冷え込みますのでお天気の良い日でも午前中は目覚めは遅く花がなかなか開きません。お昼過ぎを目がけてお出掛けになった方がにっこりと出迎えてくれることでしょう。

      【雪割草】


    【オウレン】                        【カタクリの新葉】

 

    【マンサク】                      8合目から上では残雪あり、雪融け水が
                                 登山道を流れるため足元はグチャグチャ

 

    9合目の妻戸尾根分岐付近は50cm程、 山頂の御神廟では80cm程の残雪。

  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 19:34Comments(0)雨乞山裏参道弥彦山雪割草・カタクリなど早春花

2015年02月26日

春の陽気に雪割草が開花!

時間がなくて登山道までは見てこられませんでしたが、先週末からの陽気に誘われて

観音寺裏手の里山(民地)では、雪割草(オオミスミソウ)やコシノカンアオイが咲き始めました。

ただ明日からまた寒のもどりとなりそうなので、本格的な花のシーズンはもう少し先となりそうです。




 ※弥彦山スカイラインは、冬期閉鎖で3/31まで通行止めとなっております。ご注意ください。


【2015・弥彦山周遊ミニトレッキングツアー】

  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 20:35Comments(0)観音寺温泉周辺

2015年01月30日

紅梅が咲きました!

12月の寒波の連続から打って変わって、年明けから比較的穏やかな日が続いて

いましたが、昨日は15cmほどの積雪となり一面が銀世界となりました。

たぶんそれ以前に咲いたのだと思われますが、辺りが白くなってはじめて

紅梅が咲いているのに気付きました。今年は春が早く来るかも?しれません。



またまた miniドッグランは、雪の中となってしまいました。

出入口のゲートは閉まりませんが、雪の中でワンチャンたちに遊んでもらうのは全然OKです!

  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 18:04観音寺温泉周辺

2014年12月28日

miniドッグラン・冬期間休止のおしらせ

miniドッグランは、積雪のため冬期間休止となります。

何卒、ご了承くださいませ。



  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 08:28Comments(0)観音寺温泉周辺

2014年11月04日

弥彦公園もみじ谷が見ごろに!

弥彦公園の「もみじ谷」が見ごろとなりました。今年は例年よりも1週間ほど早いようです。

まだピークの一歩手前といったところですが、既に十分に見応えがあります。ピークは今週末あたりとなりそうです。

詳しい紅葉情報は、弥彦観光協会「弥彦浪漫」のサイトよりご覧ください。








弥彦公園内は、ワンコもリード連れでOKです。但し、週末でお天気が良いとはたいへん混み合いますので、ご注意ください。

また、今月11/24まで彌彦神社で開催されております「菊まつり」も是非ご観賞いただきたいオススメスポットですが、こちらの境内はオンリード不可となっております。抱っこかケージに入れて頂ければOKとなりますので、ご協力お願いいたします。



  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 16:51Comments(0)弥彦公園

2014年09月18日

黄金の稲穂

爽やかな秋晴れの下、黄金色に実った田んぼで稲刈りが始まりました。
早稲の“こしいぶき”は既に出荷されはじめているようですが、地元の
弥彦・麓産コシヒカリをお出しできるのは10日程先となりそうです。


  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 13:37Comments(0)観音寺温泉周辺

2014年08月01日

今年も海の家割引券あります!

当苑より一番近い海水浴場 『野積浜』 までお車で15分。
弥彦温泉観光旅館組合では、今年も野積浜の4軒の海の家で
利用できる割引券を用意して皆さまのお越しをお待ちしております。
是非ご利用ください。

  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 17:27Comments(0)観音寺温泉周辺

2014年06月24日

ホタルの乱舞が盛りです!

観音寺地区ではホタルの乱舞が盛りとなっています。

当苑から300mほど、徒歩で4~5分。お散歩がてらに是非ご観賞ください。

  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 15:25Comments(0)観音寺温泉周辺

2014年06月01日

今年も“ホタル”ウィーク・ミニ鑑賞ツアーを実施します!

6月中旬より7月上旬にかけて、近隣の小川でホタルが飛び始めます。
生活排水により一時期全くいなくなったホタルが環境整備により戻って参りました。
乱舞とまではいきませんが、人為的に手を加えていないごく普通の住環境の中で舞う
幻想的なホタルの灯火が見られます。
お天気のよい日に限り夜8時頃から30分程のミニ鑑賞ツアーを企画し現地までガイド
いたします。(旅館組合主催の、周遊バス利用の場合もあります)

ホタルの飛翔状況については、「弥彦温泉郷・まる得情報」をご参照ください。


  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 13:53Comments(0)観音寺温泉周辺

2014年06月01日

2014年6月より、わんこと泊まる専門宿として生まれ変わりました。

これまでも客室数限定でペット同伴のご宿泊を受け入れておりましたが、
この度、全館わんこと泊まれる専門宿として生まれ変わりました。
気兼ねなく安心してわんことお泊まり頂ける環境づくりを心掛けて参ります。

お料理は、これまで同様に自家菜園の無農薬野菜と日本海の新鮮な幸を使った
郷土料理をご提供して参ります。また、別注料理にてわんこまんま(ディナー)も
料理長が心を込めてご提供いたしますのでご期待ください。

サービス内容など詳細につきましては、早急にHP上にアップ致しますので、
今しばらくお待ちくださいませ。

もちろん、ペットをお連れでないご宿泊も大歓迎ですが、動物アレルギーや
わんこが苦手なお客様には申し訳ございませんが余所のお宿をご検討ください。
また、小型・中型のわんこ専門なので、ごめんなさい大型犬はご遠慮願います。

今後とも、何卒お引立て賜りますようお願い申し上げます。



  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 05:42Comments(0)観音寺温泉周辺

2014年04月29日

新緑に萌える弥彦山

弥彦山は新緑が芽吹いて遠目からでも山の息吹が感じられるようになりました。
雪割草・カタクリは山頂付近に極僅か残る程度となり、今はニリンソウ・イチリンソウ・トキワイカリソウ・チゴユリ・タチツボスミレなどが盛りとなっています。
他にヒトリシズカ、ムラサキケマン、ウラシマソウ、サンカヨウ、ナツトウダイ、ヤマエンゴサク等が見られました。これから主役は樹木の花に移っていきます。
また山頂のヤヒコザクラも咲き始めました。見ごろの期間は短いので連休後半までは厳しそうです。





          【山頂ロープウェイ展望食堂前のヤヒコザクラ】


           【ニリンソウ】                    【イチリンソウ】


          【ナツトウダイ】                   【タチツボスミレ】


          【トキワイカリソウ】                   【チゴユリ】


           【ウラシマソウ】                    【ヒトリシズカ】


         【ユキザサ(ツボミ)】                  【ヤマエンゴサク】


          【ムラサキケマン】                  【サンカヨウ】


        【オオカメノキ(ムシカリ)】                 【シャク】

  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 20:08Comments(0)弥彦山

2014年04月09日

まだまだ弥彦山は花盛り!

弥彦山の中腹より上では、まだまだ花盛りで雪割草とカタクリの競演が見られます。中腹より下では、先週末の寒波で先に花開いたものは傷んでしまい雪割草・カタクリは終盤となりましたが、代わってスミレ類やニリンソウ・トキワイカリソウなど花の種類が増えて咲き誇っています。また、樹木の花でオオバクロモジやタムシバなども目立つようになりました。


  ・雪割草とカタクリの競演




   ・ナガハシスミレ                      ・タカクリの群生


   ・エチゴキジムシロ                    ・ニリンソウ


   ・シュンラン                        ・トキワイカリソウ


   ・ミヤマカタバミ                      ・イワハタザオ


    ・オオバクロモジ                     ・タムシバ


  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 17:59Comments(0)弥彦山

2014年04月01日

花シーズン突入です!

一昨日の大雨と強風で傷んでしまったのではないかと心配されましたが、さほど影響は無かったようです。今日は八枚沢を起点に雨乞尾根・妻戸尾根の様子です。

雪割草は中腹より下で見頃に、妻戸尾根の7合目位から上はまだ咲き始めといった感じです。カタクリも南向き斜面では群生を成し始めましたが、全体としては3分咲きといった感じでしばらく雪割草との競演が見られるでしょう。ニリンソウもツボミがたくさん見られるようになり、スミレ類や樹木の花でケアブラチャン、ケキブシなど花の種類が増えてきてこれからますます楽しめます。

今日は朝早めだったので、花の開き具合は今ひとつでしたが、ウグイスの鳴き声やギフチョウにも出合うことが出来ました。

あまり朝早くから山に入っても残念なことになります。朝はゆっくり目でOKです。天気予報を参考にしながら、お天気の良い暖かい日を見計らってお出掛けください。


 ・雨乞山分岐手前の稜線


  ・カタクリの群生                     ・カタクリと雪割草の競演


  ・雪割草



  ・ニリンソウの群落(ツボミ)              ・オクチョウジザクラ


  ・ケアブラチャン                     ・ケキブシ


  ・エンレイソウ                       ・ミチノクエンゴサク


  ・コシノコバイモ                      ・ナガハシスミレ


   ・今シーズン初お目見えのギフチョウ

※残念なことに、今日も登山道を外れての踏み跡や盗掘の跡が見られました。
弥彦山一帯は国定公園の特別地域に指定されており、自然公園法【第13条3項】の規定により、許可なくして雪割草(オオミスミソウ)やカタクリなど指定植物の採取は禁じられております。違反者には、六ケ月以下の懲役又は五十万円以下の罰金が課せられます。トルのは写真だけにとどめて自然保護にご理解とご協力をお願い致します。 また、登山道を外れて奥へ入り込んでの写真撮影も絶対にお止めください

  【2014・弥彦山周遊ミニトレッキングツアー】


 


  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 18:57Comments(0)弥彦山

2014年03月29日

雪割草に続きカタクリも続々と開花!

今週に入ってからずっと暖かい日が続いたので、弥彦山の中腹より下では雪割草が見頃となっています。陽当たりの良い南側斜面ではカタクリも続々と咲き始めましたが、群生となって見ごろを迎えるのはあと1週間程先となりそうです。

週末で天気が良くなると八枚沢登山口は大変混雑するため、今日は黒滝城趾の南沢の道を見てきました。こちらは沢沿いに上がるため、他のルートと少し植生も違います。今は雪割草に続いてショウジョウバカマが目立っており、これからカタクリやニリンソウ・スミレ類が増えてきます。この他、キクザキイチゲ、コシノコバイモ、ホクリクネコノメ、エンレイソウなどが見られました。剣ヶ峰頂上のカタクリの群生も見ごろはあと1週間位先となりそうです。





  ・ショウジョウバカマ                    ・スミレサイシン



 ・ホクリクネコノメ                      ・ヤマネコノメソウ


  ・コシノコバイモ                      ・キクザキイチゲ


  ・ニリンソウ                        ・アオイスミレ


  ・ナガハシスミレ              ・黒滝城址へは麓集落から先は3/31まで車両通行止め


  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 22:13Comments(0)国上山・黒滝城趾

2014年03月24日

春の陽気に雪割草も続々と開花!

朝から快晴となり、弥彦山の中腹より下では雪割草が続々と咲き始めています。
今年は雪は少ないながらもこれまでずっと気温の低い日が続いたため、待ちわびたかの様に一斉に咲き始めた感じです。まだ花は小型のものが多く咲き始めの段階です。
花があるのは、裏参道ルートでは能登見平へ上がる階段の手前まで、八枚沢からは、雨乞山分岐へ向かう方面は稜線に出るまで、妻戸尾根方面はガレ場を抜けた松林の先から5合目くらいまでで、そこから上はオウレンやコシノカンアオイ程度で雪割草はまだツボミも確認出来ませんでした。
裏参道、妻戸尾根、雨乞尾根ともに九合目までは雪は無く、山頂直下の電波塔付近から上が雪道となります。一方、山頂からロープウェイ方面の北側と表参道ルートの中腹から上ではまだ雪が残っています。
雪割草だけを楽しむなら今週でもOK、カタクリや他の花も楽しみたいなら来週以降が宜しいようです。





    日差しをいっぱい浴びてカタクリばりにイナバウアーしています。


    標高の低い陽当たりの良い所で僅かに数輪カタクリが開花。


   雨乞山分岐手前の稜線の様子。 ヤマトリカブトやニリンソウの葉にカタクリが混在する。


  ・コシノカンアオイ                       ・ナニワズ


  妻戸尾根分岐までは雪は無し。  電波塔より先に残雪あり、路面は雪融け水でぬかるむ。


  

  山頂直下の様子                    御神廟北側のお札所前も残雪あり


  御神廟は南向きのため残雪なし          北側電波塔郡から先も残雪があり滑りやすい


  九合目分岐から山頂方面の階段          九合目の分岐点、表参道方面も残雪あり


  ロープウェイ展望食堂から先は残雪なし      大平園地も残雪なし


  多宝山頂上部の稜線に若干残雪あり        多宝山山頂広場には残雪なし




  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 22:20Comments(0)弥彦山

2014年03月23日

国上山にも春の訪れ!

なかなか時間がとれず、夕方にちょっとだけ国上山の様子を見てきました。

国上山一帯には既に雪はなく、今はオウレンが群生になり始めていました。雪割草は剣ヶ峰分岐周辺とちご道の一部に咲き始めており、ツボミもたくさん見られたので、今後お天気がよければニッコリと出迎えてくれるでしょう。カタクリも国上寺のすぐ裏手でツボミを確認出来ましたが、殆どはまだ葉っぱが出始めたところです。雪割草の見頃は今週末位から、カタクリの見ごろは来週以降なりそうです。

 ・オウレンが盛りとなり群生となり始めています。


 ・国上寺裏手で見られたカタクリのツボミ。 全体的にはまだ葉っぱのみ。


 ・雪割草、まだ咲き始めの段階。

 ・雪割草、剣ヶ峰分岐周辺やちご道で今週末位から見ごろか?


 ・ショウジョウバカマ、ルート上で1輪のみ発見、全体的にはまだツボミも少ない。

 ・キクザキイチゲ、ちご道側から開花。

  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 21:26Comments(0)国上山・黒滝城趾

2014年03月14日

雪割草のお目覚め間近!

しばらく冬型の天気が続いて雪が降っては消え、降っては消えの繰り返しで、今日も昼過ぎまでみぞれ混じりの雨でしたが、その後空が明るくなってきたので海側からの裏参道ルートの様子をちょっと見てきました。、
確実に雪消えは進み、中腹から下では雪割草(オオミスミソウ)のツボミが見られるようになりました。登山口に近いところで、キクザキイチゲやカタクリのツボミも僅かに見られましたが、よく注意していないと見落としてしまう程度にまだ数は少ない状態です。雪割草のつぼみが見られたのも清水平のある5合目付近までで、そこから上はオウレンが散見できる程度でした。今週末は残念ながら雪マークの予報ですが、来週以降でお日様が出れば、まだ数は少ないながらも雪割草たちがニッコリと出迎えてくれることでしょう。
雪は能登見平の上くらいまでは無くなっていますが、山頂付近はまだ残っているようです。これから雪が積もるようなことがなければ、軽アイゼン等は必要なく、却って雪融け水対策で長靴やブーツカバーがあった方が重宝しそうです。
尚、弥彦山スカイラインは3/31まで通行止めとなっていますので、裏参道登山口へは山裾を迂回して海側から回り込む必要があります。



 ・裏参道登山口付近は登山道と水路が一緒になっており歩き難くなっています。
  「寺泊野積雪割草を愛する会」の皆さんが、登山道整備に努めていらっしゃいます。感謝!


   ・キクザキイチゲ                     ・カタクリ(つぼみ)


   ・雪割草                          ・ナニワズ(つぼみ)


   ・オウレン                         ・清水平、残雪なし


   ・能登見平、こちらも殆ど雪は無く並行するスカイラインの車道も同様、山頂付近はまだ白い


   ・まだ色気のない冬山にひときわ目立つ鮮やかな黄緑色の繭。(秋に羽化しており空き家)
    「ウスタビガ」の繭で、別名ヤマビシャク、ヤマカマス等


 【2014・弥彦山周遊ミニトレッキングツアー】


  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 19:59Comments(0)裏参道

2014年02月28日

平地の雪消えは進むも弥彦山はもう暫く先…

長らくご無沙汰しました。

関東方面では大変な大雪となりましたが、今年の弥彦一帯は雪が少なく助かっています。
平地の雪は日陰に僅かに残る程度となりましたが、弥彦山は3合目位で20~30cm、5合目から山頂にかけてはまだ50cm以上の雪が残っております。今後の気温や雨の降り方次第ですが、花の時季は早くて3月中旬位からとなりそうです。
今日ルート上で見られたのは、八枚沢登山口から近い所でマンサクが1本だけ咲き始めていたのと、枯れ葉の下からコシノカンアオイのツボミが顔を覗かせていた程度でした。雪割草はルート上ではツボミも発見できませんでしたが、平地の里山(私有地内)で一輪だけ咲き始めていました。


・八枚沢登山口、駐車スペースの雪は5cm程度


・八枚沢登山口から雨乞山方面          ・八枚沢登山口から妻戸尾根方面


・雨乞山分岐から山頂方面             ・裏参道ルート、スカイライン出合から西生寺方面


・裏参道ルート、スカイライン出合から清水平へ     ・清水平周辺、残雪20~30cm程度   


・能登見平から山頂方面、ガードレールの左側が    ・妻戸尾根分岐
 スカイラインの車道、右側が登山道 残雪40~50cm程度


 ・コシノカンアオイのツボミ



 ・マンサクの咲き始め



 ・雪割草(登山ルート上ではなく、平地からすぐの私有地内で僅かに一輪だけ)


  【2014・弥彦山周遊ミニトレッキングツアー】

  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 13:01Comments(0)弥彦山

2013年03月26日

いよいよ花シーズン到来!

今日は平野部でも最高気温が7℃と寒い日でしたが、午後から日が差し始めたので弥彦山の様子を見てきました。
雪は頂上付近にわずかに残る程度で、裏参道ルート・雨乞尾根・妻戸尾根の各ルートの登山道の雪は、ほぼ無くなりました。ただし、山頂付近は雪解け水が登山道を流れるためぬかるんで歩きにくい箇所があります。また、御神廟の北側からロープウェイ展望食堂にかけては、まだ若干雪が残りますので、ご注意を。
中腹より下では、カタクリも咲き始めており、所々で雪割草との競演が楽しめます。今はまだカタクリの咲き始めの段階ですので、雪割草メインでしたら今週末でもOK、カタクリの群生や他の花も一緒に楽しみたいようでしたら来週以降に。 また、中腹より上では、ようやく雪割草が咲き始めた所ですので、4月の2週目位までは十分楽しめそうです。
今日は寒かったので花は無数にあるものの殆ど閉じた状態でした。また天気が良くても朝のうちは閉じていますので、あまり朝早くから山に入っても残念なことになります。朝はゆっくり目でOKです。
天気予報を参考にしながら、お天気の良い暖かい日を見計らってお出掛けください。







     ・キクザキイチゲ                     ・オウレン


 ・中腹より上のカタクリはまだツボミか葉っぱのみ、雪割草も咲きかけが疎らに


 ・裏参道ルート9合目、妻戸尾根分岐点         ・山頂直前の様子


 ・山頂・御神廟の北側は残雪があるものの、南側には全くなし


       ・ナニワズ                         ・アオイスミレ


       ・コシノコバイモ                      ・ヤマネコノメソウ

※残念なことに、今日も登山道を外れての踏み跡や盗掘の跡が見られました。
弥彦山一帯は国定公園の特別地域に指定されており、自然公園法【第13条3項】の規定により、許可なくして雪割草(オオミスミソウ)やカタクリなど指定植物の採取は禁じられております。違反者には、六ケ月以下の懲役又は五十万円以下の罰金が課せられます。トルのは写真だけにとどめて自然保護にご理解とご協力をお願い致します。 また、登山道を外れて奥へ入り込んでの写真撮影も絶対にお止めください。

  


Posted by 弥彦の奥湯 観音寺 上州苑 at 17:26Comments(0)弥彦山